激しくイライラすると思ったら*30代中期症候群<3>怒り=肝

<前回までのお話>

→飛ばして目次を見る方はこちら

 

間が空いちゃったけど、以前の記事の続きです。

激しくイライラすると思ったら*30代中期症候群<1>一般的な見解

激しくイライラすると思ったら*30代中期症候群<2>中医学の見解

 

中医学の見解では、PMSに限らず体の不調は、気・血・水のバランスが崩れている。

それをPMSにあてはめると、こんな感じ、と前回までの記事で書きました。

<2>中医学の見解、の記事で、体質タイプチェックのリンク貼ってます。見て見てね)

 

 

 

1.気が原因(気が停滞している)気虚・気滞タイプ
イライラ・無気力・不安・集中力の低下・焦り・のぼせ・乳房の張りなど

2.血が原因(血液循環の滞り)血虚・瘀血タイプ
頭痛・肩こり・腹痛・ほてり・冷え・しびれなど

3.水が原因(水分代謝が悪くなってる)陰虚・痰湿タイプ
むくみ・めまい・吐き気・耳鳴りなど

4.気と血の不足が原因:虚弱タイプ
疲労感・怠惰感・不眠など

 

 

 

では、今回「イライラ」にスポットをあてて調べてみます。

 

 

 

1.怒り=肝臓

 

陰陽五行・五季・五臓・五腑

 

 

 

 

怒りと肝臓...??

 

上の図で、感情が書いてあるけど、怒りは肝のところに位置してます。

 

例えば、

イライラや嫉妬心などが長期的に身体に溜まると、肝臓が悲鳴をあげて、病気症状として出る。

逆に肝機能が低下すると、怒りの感情が出る。

 

中医学では、五臓(肝・心・脾・肺・腎)と感情(怒・喜・思・憂・悲・恐・驚)に結びつきがある、という考えがあるらしいのです。おもしろ〜〜い。

 

この7つの感情を「七情」と言うみたい。

こちらのサイトはイラスト入りで表になってて、わかりやすかったです。

ストレスと「七情」の関係|日本中医薬研究会

 

 

 

 

 

2.人間は小宇宙

 

東洋医学では、自然界の現象(大宇宙)の一環として人体の生命現象(小宇宙)があると考えられていて、五臓は自然界のものに置き換えられると考えられている。

 

自然界の流れで例えると

木(肝)は根を伸ばし、土(脾)から養分を吸い上げ、水(腎)が成長をサポートする。成長した木(肝)は、金(肺)に切り倒され、火(心)を作ることができる。

 

自然界も五臓も、助け合ったりやられたり、同じような関係性なんだね。面白い〜〜。

 

自然の循環

 

これはこんな循環の仕方。

「相生」それぞれを生み出せる関係。

木(肝)→火(心)→土(脾)→金(肺)→水(腎)→木 (肝)の順に循環。

 

「相克」それぞれの機能をやっつける関係。

木(肝)→土(脾)→水(腎)→火(心)→金(肺)→木(肝)の順に循環。

 

これがいわゆる「五行論」。

 

 

つまり、怒り=肝だからって、肝だけ見ててもダメってことよね。バランスが大事。
 

 

 

 

 

3.肝の役割

 


気・血・水を、身体全身に伸びやかに巡らせる(疎泄作用)

 

木が、土から吸った栄養を、伸ばした枝葉に巡らせるみたいに。

 

この上や外向きに伸びる枝葉の性質が、人間でいう「感情を伸びやかに保つ」という性質とリンクしてると考えられてるらしい。

 

怒りの感情も、肝の「発散・上昇・動」などの働きに似てる。カッとなって爆発したりね。木が、外に外に枝葉を伸ばすようにね。

 

肝が、感情コントロールの拠点となってるってことかな。だからバランスを崩すと、怒りなどの感情が出る。

 


血を溜めて、排出量をコントロール(蔵血作用)

 

実際に、全身に血を送り出すのは心(心臓)だけど、その量をコントロールしてるのが肝。

 

この調整バランスが崩れると血が不十分になって、生理が長期化したり、多量の経血、ふるえや痺れ、眼精疲労、視力低下、爪の変形などが起こるらしい。

 

 

 

4.まとめ

 

これは私の見解であって、中医学的に違うかもしれないけど、、

 

私は排卵日前後のPMSでは突発的に怒りが出てきた。

これは肝が、普段溜め込んだモヤモヤを一気に発散させてくれる機会をくれた。

理由は、これ以上気や血の巡りを悪くしないように調整したかったから。

なぜなら、排卵日で赤ちゃんを作ろうとしてるから。

 

 

肝は感情や気、血をコントロールしてる。

その肝を育ててるのは栄養分の土(脾)と、育ててくれる水(腎)。

 

脾や腎の機能はまだ調べてないけど、きっと自然界と同じ作用を持ってるってことだよね。

 

普段からの予防が大切だけど、次回は排卵日前から、肝・脾・腎、この3つをいたわる食事をしてみたいと思いました。

 

あと、血を巡らせるには冷え対策が欠かせないね。

 

 

今回参考にさせていただいた本はこちら。

フルカラーだし、文字大きいし、難しい感じにはルビうってあるし、読みやすいです^^

オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の 教科書

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます^^

ポチッと応援いただけると励みになります^^

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

激しくイライラすると思ったら*30代中期症候群<2>中医学の見解

 

前回の記事「激しくイライラすると思ったら*30代中期症候群<1>一般的な見解」の続き。

じゃぁ、中医学ではどう考えられているのかな?と思い、調べてみました。

 

 

 

「気・血・水」の乱れ

飲食物を元に、身体を構成する3つの要素

気血水

「気」は陽。生命活動のエネルギー源。

「血」は陰。全身を巡る栄養素の血液。

「水」は陰。血液以外の体液のこと。

 

陽の「気」は、陰の「血」「水」とバランスをとっている関係。

陰の「血」と「水」は、お互いにバランスをとっている関係。

それぞれの作用は上の図の通り。

 

この3つは、私たちが生きる上で欠かすことのできない要素。

3つのバランスがとれているから健康に暮らせる。

1つでもバランスが崩れると、PMSに限らず身体に不調が現れる。

 

 

 

PMSとの関係・体質チェック

これを、PMSに当てはめて考えると、こうなるみたい。

 

1.気が原因(気が停滞している)気虚・気滞タイプ

 イライラ・無気力・不安・集中力の低下・焦り・のぼせ・乳房の張りなど

 

2.血が原因(血液循環の滞り)血虚・瘀血タイプ

 頭痛・肩こり・腹痛・ほてり・冷え・しびれなど

 

3.水が原因(水分代謝が悪くなってる)陰虚・痰湿タイプ

 むくみ・めまい・吐き気・耳鳴りなど

 

4.気と血の不足が原因:虚弱タイプ

 疲労感・怠惰感・不眠など

 

これでみると、私のPMSの場合は「気」が7割、「血」が2割、「水」が1割といった感覚かなぁ。

PMS用ではないけど、こちらで体質タイプをチェックできます。

COCOKARA中医学情報サイト

 

こちらはもっと本格的な体質診断チェックができます。今度やってみよ!

京都伝統中医学研究所サイト

 

 

↓COCOKARAさんの方は、こんな感じで結果が出ます。

体質タイプチェック

 

血虚100%・痰湿54%・瘀血41%(A・Bは不明)

 

私の推理で7割をしめた「気」が、当てはまっていないという。。笑

いえ、これ全体の話であって、PMSにスポット当てたものじゃないからね。

 

以前紹介した、こちらの本(→薬膳・漢方の食材帳)で体質チェックした通りの結果かな。

本では「水滞」が出てたけど、たぶん「痰湿」が同じような症状だと思われる。

 

で、今回私がなんとかしたい!と思ったのが「イライラ」。

ここにスポットを当てて調べてみることに。

長くなったので、それはまた次回!

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます^^

ポチッと応援いただけると励みになります^^

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

激しくイライラすると思ったら*30代中期症候群<1>一般的な見解

 

「なんか、やけにイライラするなぁ。。」

と思ったのが一昨日の朝の出来事。。。

 

イライラ猫

 

娘が泣いている時、普段の私はこんな感じで対応しています。

・根気よく理由を探り、本人の気持ちを組もうと努力する。

・お互い譲れないこと(例:公園でまだ遊びたい vs 母は帰って料理したい)はあるけど、

 話し合って落とし所を見つけ、お互いに納得できる道を探す。

・何してもダメで譲れない時は、強引に抱っこして連れてくことも。。でも怒りはしない。

 

が、一昨日は全くダメだった。

娘が5秒泣き続ければ、ガマンの限界!

いや、ガマンって文字は最初からなくなってて、ちょっとぐずろうもんなら大きな声で怒ったり、物に当たってしまった一昨日の朝夕。。反省;;

 

自分でも「私、今日、明らかにおかしいな」と思いました。

出産後はPMS(月経前症候群)も落ち着いてるし、そもそも生理前じゃないしなぁ。おりものはいつもより多いけど。。

と思いながらもルナルナ(生理日予測のカレンダーアプリ)を開いてみると、ぴったり排卵予定日だったのでした。

 

そう。

私は初めて知ったけど、

排卵日前後にもPMSがあるのです。

たまに、無性〜〜〜〜〜にイライラする日があったのは、思えば排卵日あたりの出来事だったのか!と腑に落ちました。

 

 

そして、

調べるうちに衝撃の事実発覚。。

 

なんと、

30代のPMSは、

30代中期症候群30代不機嫌症候群)」と言われるほど、一番ツライ時期になんだとか!

個人差はあるものの「精神的に不安定になる」「攻撃的になる」などの症状が顕著になるらしく。。

ま、まさに私じゃないですかぁぁぁぁ。;;

 

 

 

30代中期症候群

 

原因とされていること

・仕事で責任ある立場を任されたり、出産・育児などで環境変化が多くなる女性。精神的な要素が関係。

・出産経験のある女性の方が、イライラしたり怒りっぽくなったり、自己否定的になったり、精神的症状が多い。

・出産経験のない女性は、下腹部痛、乳房のはり、頭痛など、身体的な症状が多い。

・女性ホルモンの乱れ

・女性ホルモンは思春期から徐々に増え、30代をピークにガクッと減少していく。

 この女性ホルモンの量に比例して症状が強く出る傾向がある。

・30代中期以前までのPMSを放置すると、ひどい更年期障害に悩まされる可能性が高まる。

 

対策

・睡眠をよくとる。睡眠不足はホルモンバランスの乱れにつながる。

・ストレスを溜めない、気にしない。

・エネルギー不足や低体重はホルモン減少の原因になるのでしっかり三食食べる。

  肉類の脂質は各種ホルモンを作る材料になるので、肉類を避けてる方は、卵・チーズ・生クリーム・いわしなどから摂取しても良い。

・イソフラボン、カルシウム、ビタミンEを摂取する。

 

参考サイト:詳しく書かれています。

 

 

これが一般的な見解。

次回は、中医学の面から調べてみたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます^^

ポチッと応援いただけると励みになります^^

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

1