アトピー・根本の原因<4>油とタンパク質を控える

 

アトピーの治療法は色々出回っているし、夫は色々試してみたけど、、

今、中医学の方面から勉強をしだして、改めてネットサーフィンしてて納得できそうな情報をみつけました。

 

▼ 別のサイトに飛びます

(この他にも同シリーズで記事がありました。気になる方は他も読んでみてください。)

アトピーの本当の原因(油が問題)

アトピーの本当の原因(過剰なタンパク質)

アトピーの本当の原因(オメガ3をとろう!)

 

 

つまりアトピーを治すためには、、

「油とタンパク質の制限」が必要ってこと。

 

・「過剰なリノール酸」+「消化しきれないタンパク質」=「かゆみ発症」

・日に2グラム必要なリノール酸を、現代人は約5倍とってしまっている

・リノール酸が多いのは植物油(紅花油・サンフラワー油・大豆油・コーン油・ゴマ油など)

・過剰なタンパク質は、アミノ酸まで分解されない(腸と脳は密接につながっているので、精神的ストレスも関係する)

・肉食を魚食に変える。(EPA、DHAをとる)

・青魚はアトピー重症者には不向き(痒みをおこす物質が含まれているため)

 →マグロ、カツオ、サバ、サンマ、イワシなど

 →食べて痒みがでなければOK

 

植物油を取らないこと

肉食は魚食に変えること

が見えてきました。

 

これ、さくら薬局さんにいただいたアドバイス(→*)通りだわ。。

なるべく煮魚や野菜の煮物をとること。

煮物は油使わないもんね。

 

 

ということで、

むか〜〜〜〜〜し買ったこの本をひっぱりだしてみた。

 

「重ね煮だからすごくおいしい」

 

→amazonはこちら →楽天ブックスはこちら

 

私的に、煮物より敷居の低い重ね煮。

こちらの本では野菜の重ね方がイラストで表現されてたり、レシピによっては全行程をカラー写真で説明してたり、わかりやすかったから購入していたのですが、レシピ本を買っても開かない女なので。。

いや、2回くらいは作ったかな。。

それ以降、放置になってたのでした^^;

 

で、作ってみたのがこちら。

 

ごぼうの重ね煮

 

本の中では「野菜たっぷり炒り豆腐」と紹介されてますが、炒ってないです。

 

蒸しただけ!

切って入れてほっといただけ!

味は塩と醤油少しだけ!

 

なのに、、美味しい〜〜〜♡

普段、私の作ったきんぴらに見向きもしない3歳の娘も、パクパク食べておかわりしてました^^

あとはお出汁がいい仕事してくれたかな〜〜♡

 

 

我が家に欠かせない「出汁ポット」

 

 

出汁とるのがへたっぴなわたくしの相棒、日本料理人「野崎先生監修のだしポット」様!

昆布や干し椎茸、鰹節などを入れ、熱湯注いで5分で美味しい出汁が出来上がります。

 

はやい!

せっかちな私に最適!

私は前日からつけとく出汁も忘れてしまうので、5分でとれるお出汁は本当ありがたい(;;

 

出汁ポット

 

5分でこんなに綺麗な琥珀色に♡

体感として、5分以上とった出汁は美味しくなかった。。

 

出汁は温度が肝心だそうですが、これは有田焼の器が、その温度調整のポイントになってて、最適な出汁とり温度にしてくれているそうな。

 

重ね煮、食材を噛むとこの出汁がじゅわ〜〜〜〜としみだしてきて、ほっこり優しい味で、でも食材本来の味のパンチがあって、本当美味しかった〜〜〜〜また別のやつ作ってみよう♡

 

 

使った食材

※ピンク文字は夫の体質に当てはまる部分

 

ごぼう

[ 五味 ] 甘・辛 [ 五性 ] 涼 [ 帰経 ] 肺・肝 [ 体質 ] 気虚・気滞

 

にんじん

[ 五味 ] 甘 [ 五性 ] 平 [ 帰経 ] 肺・肝・脾 [ 体質 ] 気虚・血虚

 

玉ねぎ

[ 五味 ] 甘 [ 五性 ] 平 [ 帰経 ]  [ 体質 ] 気滞・瘀血

 

干ししいたけ(しいたけ)

[ 五味 ] 甘 [ 五性 ] 平 [ 帰経 ] 肺・脾 [ 体質 ] 気虚

 

木綿豆腐

[ 五味 ] 甘 [ 五性 ] 涼 [ 帰経 ] 肺・脾 [ 体質 ] 気虚

 

醤油

[ 五味 ] 鹹 [ 五性 ] 寒 [ 帰経 ] 脾・腎 [ 体質 ] 気滞

 

[ 五味 ] 鹹 [ 五性 ] 寒 [ 帰経 ] 肺・脾・腎・心 [ 体質 ] 気滞

 

 

 

まとめ

あれ、、帰経はカバーできてるけど、体質はあまりカバーできてなかったし、ちょっと中庸より陰よりになっちゃった?

ほかのメニューでバランスとれてればいいか!

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます^^

ポチッと応援いただけると励みになります^^

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント