JUGEMテーマ:コーチング



 



こどものこころ



 




前回の記事「子どものこころのコーチング講座=初級編=①話を聞く・訊く・そして気づき」の続き。



 



講座2日目「自分の心の声を聴く」での学びをまとめたいと思います。



ざっくりの部分だけ。



 



講座は「イライラした時」「モヤモヤした時」にスポットをあてての内容でした。



 



 



 





 



 





 



 



 



1.イライラした時に大切なこと



 



 



・自分を客観的にみる(鳥が空から見下ろすような視点)。



・「よい・悪い」とジャッジせず、ただ眺める。



・どういう時にイライラするのか?その気持ちの裏に、どんな期待やルールがあるのかを認識する。



 



ルールの例



例えば、今3歳の娘は「自分でしたい」が強いから、本人の了承得ずに横から手助けするのは地雷。



だからその地雷を踏まなければ、本人も私もイライラすることはなし。



 



期待の例



例えば、娘は一人でトイレを完了できる力を持っているのに、「おかーたん!おかーたん!」とトイレ介助を求めてくる。



普段はいいけど、料理中はえ~~。。と思ってしまう。



これは、「一人でできるじゃん」っていう期待があるのに、やらないことで、私がモヤッとしている状況。



 





 



2.自分の中のマイルールを考える



 



 



マイルールから外れているからイライラするのであって、なぜイライラしているのか?のルールを把握すると、気持ちが軽くなる、というものでした。



 



私の例でいくと、、、



 



 



自分の中にあるマイルール



 



STEP1 「~すべき」「~しなければならない」「~すべきでない」



・3歳児はおもらしすべきではない



 →気持ち的に家ではOKな私。なのを考えると、周りへ迷惑をかけてはいけない、と思っているのかも。



・周りに迷惑をかけない最低限のタイムスケジュールは守るべき



 



↓置き換えます



 



STEP2 「~するに越したことはない」



・3歳児はおもらししないに越したことはない。



・人に迷惑をかけないに越したことはない。



 



↓置き換えます



 



STEP3 「~してもいい」



・3歳児はおもらししても良い。



・人に迷惑をかけても良い。



 





 



STEP4 どこまで許せるか



STEP3→2→1の順に口に出してみて、自分はどこまで許せるのか?どこまでならモヤモヤしないのか?を感じてみる。



 



結果として、私はSTEP3まで許せた。



やってみるまで私はSTEP1だったのだけど、頭カッチカチになってたみたい。



 



同じ内容で友だちが悩んでたら、「まだ3歳でしょ?迷惑かけて当然だし、お漏らしもするでしょー!」って言うな~~~!うん。



 



何をそこまでガチガチに考えてたんだろう。



大人の都合より、まず娘の気持ちを大切にしたい。と、気持ちがすっっっごく軽くなりました。



 



それプラス、先日のストレスクリア(→過去記事はこちら)で気づきがあったから、この件はもうクリアになったかな?



 



これらのマイルールは、自分の価値観。



だれもダメって言ってない。



自分が自分でしばっているだけ。この「自分の中で許せる範囲」を広げていく作業なんだそう。



 



 



 





 



 



3.怒りの下にある本音を感じる



 



 



悲しいとか、怖いとか、焦るとか、ねたましいとか。様々なネガティブ感情が蓄積されて、最終的に爆発してしまう状態が「怒り」という二次感情に。



 



私の場合、、、



 



子どもが人に迷惑をかけると、自分の子育てを否定されているようで「怖い」。



 



だから、



人に迷惑をかけてはいけない





3歳児はお漏らしすべきではない



 



となっていたんだね。



それって、完全に私の都合じゃないか。。



 



子どもって敏感に空気を読み取るから。



そんな私のモヤモヤ感が空気にダダ漏れしてて、娘は嫌な空気だと察してたんだろう。



 



怒りはしなかったんだけど、



保育園でのお漏らしについて、娘に説得や提案をしてたのが申し訳ない。



 



遊びに夢中ででちゃったのはしょうがない。



わざとお漏らしする時は理由がある。それも成長の一環。



 



もうトイレは一人前にできるって、私は知ってるんだから、娘を信頼してお漏らしも本人に任せることにしたのでした。



だから、特に何も言わないようになった。



 



それから数日たつけど、そういえば、保育園でお漏らしほとんどなくなってきたことに気づきました。ついでに夜のお漏らしもぐっと減った。



 



「したくなったら大人に言えばいいよ」



「あなたはもう出来るから」



「お漏らししちゃって嫌だったね」



 



そんなことをすっぱり言わなくなったから?



言ってたこと、プレッシャーになってたのかな?



わたしのモヤモヤ感が晴れたのが伝わったからかな?



たまたま成長のタイミングが重なったからかな?



 



本当のとこはわかりません。



でも、やっぱり感じる部分はあるんだろうと思いました。



 



 



 





 



 



4.まとめ



 



怒りの裏側の感情をみること。



本当の気持ちに眼を向けるって大切。



 



今回は、自分の気持ちをノートに書き出していった。



 



頭で考えてるだけだと、いろんな考えが巡ってしまうから、体験するのと同じように、書き出すことも、有効な手段だと感じました。



 



 



<ふみかちゃんの言葉>



マイルールは自分を守るためのもの。



だけど、そのルールに苦しめられているのなら手放す時期かも。



手放せないなら、緩めるだけでも楽になる。



マイルールを破ると、どんな怖いことが起きそう?



 



怒りに支配されそうになった時、



この言葉、思い出させていただきます!!!



 



講師



森山 史香さんのfacebookはこちら



ブログはこちら



 



 



 



 



最後まで読んでくださりありがとうございます^^



ポチッと応援いただけると励みになります^^



 



にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村



 



PVアクセスランキング にほんブログ村