おうちで試行錯誤

娘2014年10月生まれ。 「困った時に頼れる母」を目指して日々試行錯誤。 現在は、アドラー心理学をベースにしたコーチングを勉強中。

2017年11月


JUGEMテーマ:コーチング



 


 


ひらめき


 


前回の記事「お母さんっ子だった娘が変わった日*ストレスクリアを受けて」で紹介した通り、ストレスクリアの体験コーチングセッションを受けました。


 


ストレスクリアについてはこちらのサイトがわかりやすいです。


→「Life Coaching Salon 「Canvas of Life」


 


 



 


 




 


 


1.議題にあげた悩み


 


3歳の娘が私と一緒の時はお漏らししないのに、保育園ではちょくちょくお漏らししてくる


 


遊びに夢中になってたり、遊びたいからトイレが面倒だと感じてたり、気温の変化だったり、色々要因はあると思うけど、とりあえず議題にあげてみました。


 


 


私の葛藤


思考(顕在意識):保育園でお漏らししてほしくない


確信(潜在意識):保育園でお漏らししてしまう


 


セッションでは、コーチがカウンセリングするっていうより、


ひたすら2つの質問を投げかけてきて、自分の中から言葉を引き出していきます。


 


例えば


「お漏らしすることのメリット」は?


「お漏らししなくなった時のデメリット」は?


 


つまり、自分がデメリットと思っていることをポジティブな考えに落とし込んでみる作業。


私、楽観主義者なので、悩みが出たり落ち込んだりした時は、これやってる。


やってるけど、「お漏らししなくなった時のデメリット」って、それは考えなかった!!!!


 


だって、お漏らししなくなったらメリットしかないでしょ!と思ってたから!






 


 


2.ポジティブに考える


 


無理やりひねり出した私の答え




「お漏らしすることのメリット」


家族間・保育者とのコミュニケーションがとれる


 


「お漏らししなくなった時のデメリット」


ブログに書くネタが1つ減る(←実際、今回ブログネタにしてるし!)


 


 


で、そこからひたすら2つの質問を繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し....


同じ言葉をループすることがあるんだけど、ここでよく出てきたキーワードが「コミュニケーション」「平和」「家庭円満」などだった。


 


で、最後には


保育園で「お漏らししてほしくない」でも「してしまう」。


ここに、共通の理由を探す作業をしました。


 


「したい」「できない」の2極化で葛藤してるから苦しいわけで、3極目の共通理由を探り当てることで、本来の目的が見えてくる=苦しまない、ということみたいです。


 


この共通理由が全く検討がつかず、、


 




 


 


 


3.見えてきた私の人生目標


 


またひたすらに質問質問質問、、


潜在意識へ潜り込み、何度も出てきた「家庭円満」。


 


そしてあくびが止まらない。


たぶん、副交感神経が優位になって、リラックス状態になってるんでしょう。


で、ある時突然、違う言葉がついてでた。


 


「家庭円満、、だけじゃつまらない!」


(内心、えっ!?と思った)


 


 「勉強したい」


 


「人の役に立ちたい」


(前々回記事にした統計学で、私は人の役に立ちたいタイプだった!セッション日より統計学講座の方が後です。)


 


「神になる」


 


え、


ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええええ!?!?


か、神って、何言っちゃってるの自分!笑


えー嘘嘘、心の奥底でそんなこと思ってたの??面白すぎる!


 




 


 


 


4.「してほしくない・してしまう」の共通理由


 


私は娘をおむつなし育児(おむつを使いながらも、なるべくおむつの外で排泄させてあげること)→おしりケーション(排泄を通してのコミュニケーション)で育ててきた。家族間のコミュニケーションは「排泄」が色濃く、キーワードになってるのかもしれない。


事実、親は「おしっこ!」て言われたら一瞬で反応するもんね。


 


そう考えると


「お漏らししてほしくない」


「お漏らししてしまう」


この2つに当てはまる理由は、、


 


家族間のコミュニケーション(会話)を取りたいから?


「してほしくない」から生まれるコミュニケーションと、「してしまう」から生まれるコミュニケーション。


 


うーん、どうだろ。


この理由はもう少し深い部分にありそうな気もするけど、その時はここを、着地点としました。


 


 


もしかすると


私の人生目標が


「幸せな中にも日々勉強!人の役に立ちたい(そして神になる、、笑)」


ていうのが見えてきたから、保育園でのお漏らしを通して、私が勉強したいってことなのかな。


 


ブログネタ(勉強したことのアウトプット)にしたいから「お漏らししてほしくない」、


ブログネタにしたいから「お漏らししてしまう」。


改めて考えてみて、これならすんなり意味が通りそうだ、と思ったのでした。


 




 


 


5.まとめ


「安心して悩める」


 


コーチKちゃんが言ってた言葉。


正直、今の今まで意味を理解できなかった。


でも、このブログに書くため文章に起こしてたら、なるほど、と理解できたよ。


 


結局、保育園でのお漏らし改善には、今のところなーんも役立ってないんだけど、共通理由が見えたことが、とっっっても重要なんだとわかりました。


 


だって、私の心の持ちようが違う。


以前は保育園でお漏らししてくると、「私の何かがいけなかったのか?」「娘が何かうったえているのか?」とむやみに不安になってた。モヤモヤして、イライラした。娘にもどう言って良いかわからず、もしかすると負担になってたかもしれない。


 


それが、共通理由を見つけたことで、


「お漏らししても問題はない(いや、保育者にはご迷惑かけちゃうんだけど)」


「だって、それが私の勉強になるのだから」


そういう考えに落ち着くことができたから、余計なモヤモヤは排除しつつ、安心して悩める(考えられる)のだな、と腑に落ちたのでした。


 


ストレスクリア、面白い!


 


 


 


 


最後まで読んでくださりありがとうございます^^


ポチッと応援いただけると励みになります^^


 


にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ

にほんブログ村


 


PVアクセスランキング にほんブログ村




JUGEMテーマ:コーチング



 



 



パズル



 




「おかーたんがいい!!」



 



何かあることにおかーたん。



おとーたんじゃダメで、おかーたん。



トイレも抱っこもご飯をお口に運ぶのも何もかも、おかーたん。



 



なぜこんなに執着するのだろう?



娘が可愛いばかりに、過剰な愛を押しつけてしまってて、ヘンテコになっちゃったのかな?



と、ちょっと不安に。。



 



で、先日突然、「おとーたんがいい」「3人がいい」と言うことが増えました。



(実際には、おとーたんの次はおかーたん、と言った感じ)



 



なんでだろう?



と思い返してみたら「私の潜在意識の変化」が影響しているのかな?



と感じた出来事がありました。



 



 





 





 



 



1.ことの発端



とーたんが会社のキャンプで金曜土曜不在。



翌日の日曜日も趣味の仲間と出かけて不在。



平日も趣味の仲間とお出かけ、来週の祝日も趣味の仲間とお出かけ。



それ以外でも、平日の深夜は趣味の仲間とお店に集って帰ってくるのは深夜2時頃。



(平日は毎晩行ってたけど、アトピー対策で行く日を減らしてもらった)



 



趣味を持って、仲間を作って、遊びに行くのは何も問題ない。



むしろ、ストレス発散になるから、家と会社以外に居場所があるのはとっても良いことだと思って特に何も言わなかった。



 



けど、ここのところずっと趣味の方に時間かけてて、家でも趣味の仲間とのラインとにらめっこ。



同じ場所(家)にいても、会話が少なく、別の空間にいるみたいな不思議な感じだった。



 



 





 



 



2.娘の前で泣いた日



ちょうど、金土日で夫が不在の日。



日曜日に「いってらっしゃい」と娘と送り出した後。



なぜだか涙が溢れて止まらなかった。



 



PMSでイライラする前日か前々日か。。情緒不安定になってたのもあると思うけど。



 



「あ、私、寂しいんだ。せっかくの日曜日、3人で過ごしたかったんだ。」



 



ふっとそう思った。



泣いてる私を見た娘は、心配して寄りそってくれて、イイコイイコしてくれて、一緒に泣いてくれた。



「おかーたんね、おとーたんがいなくて寂しいみたい。おとーたんが大好きだから、一緒にいたかったんだ。うえ〜ん」



 



 





 



 



3.素直な気持ち



妊娠前は、普通に素直な気持ちを伝えていたけど、妊娠・出産・子育てをしているうちに、すっかり母親脳になっていた私。



だから、今では恥ずかしくて、寂しいなんて気持ちは言えなかった。



寂しい気持ちにフタをして、傷つきたくなくて、防衛本能でイライラという攻撃的な気持ちに置き換えていたんだと思う。



(日曜の朝は、イライラをちょっと漂わせて「いってらっしゃい」をしてた^^;)



 



その後、夫にはメールで、その素直な気持ちを伝えた。



伝えたところ、次の祝日は趣味の人たちと大会に行く予定だったけど、家族で過ごす時間に当てる、と言ってくれたのでした。



 



 





 



 



4.潜在意識の変化か



これは予測でしかないけど。。



「いいよ、気にせず行っておいでよ^^」



と快く送り出していたつもりだったけど、、



 



それは実は水面下の考え(顕在意識)であって、



心の奥底(潜在意識)では寂しい、



でもそれを表に出すのが恥ずかしいから、



イライラという形で空気中に漏れていたんじゃなかろうか?



 



娘が赤ちゃんの時はすっっっごくイラついてて、そこからだんだん抜け出してきて、



今では夫にイライラするようなことはあまりなかったけど、まだフィルター1枚かかってたんじゃなかろうか?



 



その気持ちを、娘が察していて「おかーたんがいい!」になってたんじゃなかろうか?



 



今回、素直になれたことで、空気中に漏れていた感情がクリアになったんじゃなかろうか?



 



きっと、娘はおかーたんの味方でいてくれてて



今回「かーたんは、おとーたんが大好きなんだ!」ということがわかり、



「私も、おとーたん大好きって言っていいんだ!」という心境になったんじゃなかろうか?



 



(いや、今までだって、おとーたん大好き!ぎゅ〜〜♡とかしてたんだけど)



 



 



 





 



 



5.思い出したこと



 



「潜在意識はみんなつながっている」



「お母さんが変われば、家族が変わる」



「社長が変われば、社員が変わる」



 



そう言っていたのは、友人のKちゃんとKちゃん。ほぼ同じお名前のこの二人。



お二人は「ストレスクリア」という一種のコーチングのコーチで、お二人ともに体験コーチングをしてもらっていたのでした。



 



ストレスクリアについてはこちらの方のブログがすごくわかりやすかったのでリンクシェア。



Life Coaching Salon 「Canvas of Life」



 



流れとしては、今の悩みを1つあげて。



そのことに対してひたすら2つの質問を繰り返し繰り返しされていく。



コーチからアドバイスがあるんじゃなくて、自分の中から出てくる言葉をひたすら出して行く。



ボキャブラリーが少ないせいか、同じ言葉をぐるぐる回り、だんだん眠くなる。笑



で、ある時ストン!と別の言葉が出ててきてハッとする。





たぶんこれが、潜在意識にもぐりこんでいる状態なのではないかと思う。



あまりやったことないけど「瞑想に似ているなぁ」と感じました。



眠いのも、リラックスして副交感神経が優位になってる証拠だよね。



 





 



 



6.まとめ



ストレスクリアの体験を通じて、自分の潜在意識に潜る練習をしたから、



こんなに素直になれたんじゃないかと思う。



 



素直になって、フィルターが1枚とれた。



私たちは潜在意識でつながっているから、娘も父親にたいしてフィルターが1枚とれた。



もしくは、母に気を使ってくれているのか。。



 



娘に聞いても答えないから、実際のところはわからないけれど



そんな風に感じた不思議な出来事でした。



 



ストレスクリアの体験では「娘が保育園でお漏らししてくる」を議題にあげたら、



私の人生目標のような物が見えてきたんだけど、それはまた今度記事にしたいと思います。



 



 



 



 



最後まで読んでくださりありがとうございます^^



ポチッと応援いただけると励みになります^^



 



にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村



 



PVアクセスランキング にほんブログ村





JUGEMテーマ:心理





 



 



ご縁あり、こちらのカフェで家族の性格パターンを分析してもらいました。



コミュニティカフェてとて



 





 





 



 



1.講座にいたった理由



実は今「子どものこころのコーチング講座初級編」というのを受講していて、



1つだけ気がかりだった事があり、、、、



 



人によって、グッとくる言葉のかけ方がある、ということ。



 



いや、それはわかってる。



ただびっくりしたのは、私は少数派に分類されている、という事実でした。。



 



 



例えば、子どもが部活で選手に選ばれなかった時。



 



→A「悔しいね。でも頑張ったから、きっと次につながるよ!」



→B「悔しいね。頑張って練習してきたもんね。」



 



私は、物事をポジティブな考えで終わらせたいから、A。



当然、世の中のみなさんもそうだと思ってたけど、実は全体の2割の人しか共感できないんだとか!



8割の人はBの声がけがぐっとくるらしい。



 



そんな私は、娘にもAで接してて、もし娘がBタイプだったら?



私の声がけって、負担になってるかもしれない、、と思ったのでした。



 



 



 



そこで思い出したのが、この言葉。



 



「人間には大きくわけて3パターンに分類される」



「この3パターンで考え方が違うから、響く言葉が違う」



「企業によっては、この3パターンに特化したコピーでDMを打つ」



「この3パターンで、向いている職種などがわかる」



 



以前、そう語っていたのが「コミュニティカフェてとて」のオーナー各務さん。



これはぜひ話を聞きたい、と思い、今回4名集めてカフェで受講した流れです^^



 









 



2-1.家族の性格パターン



 



3人家族



 



これは、どうやら誕生日を元に、莫大な量を研究してきたデータを体系化した統計学らしいです。



持って生まれた性格部分の話であり、日々成長する中で経験したことで人間性がその人らしさを作っていくので、100%当てはまらないかもしれない。けど、根本はここにある、とのことでした。(経験値の少ない小さい子ほど如実にでる傾向がある)



 



3タイプ中1つのタイプに絞られるわけではなく、



70%はAタイプ、25%はBタイプ、5%はCタイプ



というように、3タイプがだいたい上の割合で当てはまってくるみたい。



 



今回は70%をしめる部分をみてもらいました。



(70%の中に1タイプ+他の4要素が加わっての診断でした)



 



 



 



 





2-2.【 私たち夫婦の特徴 】



 



我が家の場合



夫と私は70%の部分が完全一致!笑



娘だけ違いました。



 



・予定は決定タイプ。



・なんとかなるよね!(根拠はない)タイプ。



・役に立つ人と言われたい。



・一人が苦にならない、我が道を行くタイプ。



・お金や数字など形ある結果に価値を感じるタイプ。



・将来に対して洞察力に優れる。自分のアイデアを仕事に生かせる。



・自分のペースを乱されるのが嫌。



 





 



 



 



2-3.【 娘の特徴 】



 



・予定は未定タイプ。



・心配事が先に頭をよぎるタイプ。



・スゴイ人と言われたい。



・飲み込みが早く、察しが良い。



・地位やステータスに価値を感じるタイプ。個人事業主より大企業で働きたい。



・物事の全体像を把握しながら進められるので、ディレクターなどが向いている。



・長話されたり、褒めてもらえないのが嫌。



 




例1)





親は「予定は決定」タイプ。



娘は「予定は未定」タイプ。



 



どういう事かと言うと、例えば「今日の夕飯は焼肉に行こう!」と出発したとして。



親の脳内は「やっきにく!やっきにく!」になってる。(←事実そうw)



娘の脳内は「あ、ハンバーグ屋さんだ。ハンバーグ屋さん行こー!」と目的地変更が可能なタイプ。



 



つまり「予定は決定」タイプの人は「1回焼肉って決めたから焼肉」になってるけど、



「予定は未定」タイプの娘は「最終目標が夕飯を食べる」だから、焼肉じゃなくてもOK。



的の広さが違うってことらしい。



 



タイプが違うから、



娘から見ると、「融通がきかない親だな」と思ってしまう。



親から見ると、「意見がコロコロ変わる子だな」と思ってしまう。




 




例2)





親は「なんとかなるよね!(根拠はない)」タイプ。



娘は「心配事が先に頭をよぎる」タイプ。



 



どういう事かと言うと、海外旅行が当たった!



親は「向こうで何しよう♡何持ってこう♡」



娘は「水質は大丈夫?薬は何が必要?家の食材も使い切らないと・・」




 



みたいな感じ。



これ、例えば友だちグループで遊ぶ時も、一人だけグループが違っていたら、、(><;)



 



 



 





 



2-4.【 娘から見た親 】



 



・厳しい、物事ハッキリ言うから傷つく。



・心配りがない、融通がきかない。



・すぐに動いてくれない。



 



 





 



3.今3歳の娘との接し方



 



・話す時は、ノリノリで楽しく話す。



・スゴイ!と言われたい子なので、心から褒める(スゴイね~→スッッッッゴイね!!)



・過去の失敗を持ち出さない(お漏らし・おねしょなど)



・基本だけを教えて、あとは本人に任せる。



・構い過ぎない。放任。(枠にはめず、好きなようにしてもらう)



・興味あることは、できる限りやらせてあげる。



・途中でやめても叱らない。



・褒めて任せる。



・結果を出したら感動する。



 



 





 



4.まとめ



 



非常~~~~~に面白かった!



オーナーの例え話に笑いっぱなしだし、自分の納得できる部分がたくさんあった。



娘の診断結果も、頷ける事柄が数々あるから、きっと当たっているのだろうと思う。



今までも、「どう声がけしよう?」と悩む場面があったから、これはとっても参考になる。



 



お漏らしのことで過去を掘り返してしまったことがあったり、本人に任せようと思ってても、ちょっと構いすぎる部分があったから、そこは見直そうと思ったのでした。



 



ノリよく、褒める時はしっかり褒める!



あとは放任!お任せ!らくちん!笑



 





 



 



5.今回お世話になった講師



 



コミュニティカフェてとて



 



コミュニティカフェてとて



神奈川県川崎市多摩区南生田5-14-11
TEL.044-750-0655
info@cafetetote.com



 



オーナー(シングルファザーで息子さんお二人子育て中!)の各務さんは「いい人」の代名詞的存在。



そんな彼が、面白おかしくわかりやすく説明してくれたので、本当に楽しい時間となりました^^



オーナーがいらっしゃれば、ランチ食べてる間に気軽に話してくれるようです!



(いらっしゃらない事が多いので、事前に確認したほうがいいかもです。)



気になる方はぜひ、ランチがてら行って見てください♪



 



 



最後まで読んでくださりありがとうございます^^



ポチッと応援いただけると励みになります^^





にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村



 



 



PVアクセスランキング にほんブログ村



↑このページのトップヘ